クラスの人数分のクラスTシャツを安く作るためのコツ

学校行事にはいろいろありますが、クラスが一丸となり、取り組むものに、球技大会や体育祭、文化祭などがあります。クラスが団結するのを助けるアテムとして、クラスTシャツは大変有効です。クラスメイトだけが着られるので、特別感があります。その特別感が団結力を高め、クラス全員のモチベーションも上がることでしょう。デザインもオリジナルなものすることでその効果も倍増します。また、大人数で同じクラスTシャツで写真を撮ると圧巻です。SNS映えもして、良い思い出となります。Tシャツだけでなく、タオルやパーカー、ジャンパーやエプロン等も有ります。用途によって変えるのも良いです。作成するには業者へ依頼するのが一般的ですが、納期、最低発注枚数、値段等様々です。デザインも完全にオリジナルはもちろん可能ですが、決められない方には、業者の用意しているデザインからの選択も可能となっています。

クラスTシャツを作成する時に注意する点

クラスTシャツ作成時に注意するものは著作権です。漫画等のキャラクターやアーティストの曲名等には著作権が有る為、そういったものを無断で使用することは違法となり、処罰の対象となる可能性が出てきます。著作権のあるものの使用の際には著作権の管理者に使用許可をもらうことが必要となります。パロディのデザインを作成する際も注意が必要で、元ネタがわかる場合は著作権法に抵触する可能性が出てきます。一般的には業者へ依頼すると思いますので、業者の目が間に入りますので、作成後に大きな問題となることは少ないです。個人名やチーム名を入れる際にはスペル等のチェックを怠らないことも注意する点です。Tシャツのサイズ等もあらかじめ、対象者にアンケートを取る等して把握していたほうが良いです。作成後に修正が出来ないので事前のチェックは十分に行う必要があります。

クラスTシャツを作る時に費用をおさえるには

クラスTシャツを作成する際に気になるのが、費用ですが、相場は1枚あたり1500円から2000円程度です。素材によってはこれより高くなります。費用を抑えるには、素材を安い物を選択するのが第一です。厚手の物は費用が高くなります。注文数が多くなれば、1枚あたりの単価は下がります。デサインについても大きさやプリントする箇所によっても費用は変わる為、業者と相談しながら、予算に入るようにデザインを考慮していくと良いです。枚数が少ない場合はプリント方法についても変更ができる業者もあります。通常はシルクスクリーンプリントですが、予算に応じ、インクジェットプリントや転写プリントが選択できます。業者によっては早割等の割引特典や学割があるところもあります。デザイン料が必要、不要の違いもあります。最低発注数も違いますので、クラスでの必要数、デザイン、予算で業者を選んでいくことが費用を抑えることにつながります。