初めてクラスTシャツを作るときの注意点

クラスTシャツを作製したいと思ったら、インターネットでプリント会社を検索すれば全国にたくさん見つけられます。ただ、初めてTシャツを作製するという場合に、遠方のプリント会社にいきなり何十枚ものプリントを申し込むのは、仕上がりがイメージと異なっていた時の心配が生まれるのではないでしょうか。見本に1枚作製してもらうのには、コストがかかるため断られたり、高い費用を払うようになることも少なくありません。そこで、生地の厚みや肌触りを、実際に触って確かめたりしながら、Tシャツのデザインを決定していけるように、直接足を運べるプリント業者に依頼すると、不安がなくてよいです。学校内でクラスTシャツの作製をよく依頼している業者があれば、作製の相談にも乗ってもらいやすいかもしれません。

クラスTシャツの素材とデザインの決め方

クラスTシャツを作製するにあたって、どんなデザインにするか選定していしていく過程はワクワクするものですが、一番肝心なことはTシャツの素材になります。いつ、どういう用途で着用するのかによって、伸縮性のある生地にしたり、通気性のよい生地にするなど、相応しい素材が異なってきます。イベントに向けての練習期間中も着用するのであれば、繰り返しの洗濯で、ほつれたり透けたりしないある程度の丈夫さが保たれる生地がよいです。また、着用する季節を考慮して、快適に着られることも重要なポイントになります。次に注意したい点は、デザインを作成する際に、ゲームや人気アニメや漫画などのキャラクターをうっかり使用しないことです。一部加工して使用したい場合でも、著作権者の許可をとることが必要になります。

クラスみんなの気持ちが反映したクラスTシャツを作製するために

クラスTシャツは、クラスメイトの気持ちが反映したものが作製されれば、クラスの一体感や仲間意識を高めるものになります。そのためには、どんなクラスTシャツにしたいか、イメージをみんなで話し合ってから、デザインの作製に入ると、最終候補を絞っていく過程がより楽しく思い出に残るものになります。また、遠くからでも、目に留まるようなインパクトのあるデザインにするためには、プリント業者のプリント見本等を参考にするのもよいです。シャツの色と文字や絵の色をどのような組み合わせにすると、作りたいイメージにしっくりくるか等のポイントを学ぶことができます。プリントの依頼をする会社であれば、見本のデザインを使用したり、似たデザインの作製を許可してもらえることが多いので、プリント業者の応援もしっかり受けましょう。