小学校受験で大切な面接対策の方法

小学校受験では、テスト以外にも先生との面接があります。親子面接であれば、家族全員で面接を受けますので、子どももあまり緊張する事はありませんが、子ども一人での面接になりますと、誰でも緊張してしまいがちです。面接だからと言って、社会人の面接の様な事は聞かれませんが、出来る限り普段通りにコミュニケーションが取れるように準備をしてあげましょう。では、実際に小学校受験の面接では、どんな事を聞かれるのでしょうか。それは、お母さんやお父さんにどんな時に叱られるかどうかになります。そして、最近はどんな事で叱られたかどうかというのも聞かれます。普段から何もかも容認しておりますと、叱るタイミングも無くなってしまいますし、逆にちょっとした事でも叱りすぎてしまいますと、面接で影響してしまう可能性がありますので、十分に親も気を付けましょう。

小学校受験の面接で親はどんな事を聞かれるのか

小学校受験は、親子面接といって、親子で面接を受けなくてはいけない小学校もあります。その際には、きちんと対策を取っておいて、面接の際に変な事を言わないように気を付けなくてはいけません。ですが、実際に面接ではどのような事を質問されるのでしょうか。親にはよく、子どもと約束をしている事や、どんなルールが家庭内であるのかといった質問をされます。それは子どもにも同様に確認をして、きちんと親子間でルールの共有をしているかどうかというのをチェックされる場合もあります。ですので、面接対策をする際には、きちんとお互いに今あるルールをチェックして、今一度忘れないように確認をしてみましょう。そうする事で、面接の際にも緊張があまりなく、普通に質問に答える事が出来るでしょう。ルールは何が良くて悪いという事はありません。ですので、何かルールがあるのであれば、しっかりと子どもに伝える様にしましょう。

小学校受験のメリットについて。

近年、少子化の時代ということもあり、小学校受験を考える子供さんも増えています。少子化とはいえ、学歴社会は変わりなく、できるだけ小さいうちから受験させたいという考え方も根強いです。一昔前であれば、受験戦争という言葉があったように、どこを受験するのも大変でした。しかし今はそこまでではなく、むしろ落ち着いています。逆にこうゆう時こそチャンスといえます。また、小学校から受験なんて早いと考える人も少なくありません。しかし、この段階で成功することは、その後、大学までいけることも少なくありません。というのも、内部試験だけで進学ができ、今後受験する必要がなくなるわけです。もちろんすべてがこのようになるとは限りません。また、このように一貫教育であれば、先生の移動も少なく、質も変わらないことで安心して勉強に取り組むことができます。