小学校受験についてのあれこれ。

小学校受験と聞くと、まだ早いと考えるかもしれません。もちろん、のびのび育てたい人もいますし、考え方は人それぞれです。基本的に受験というのは、いつかしなければなりません。そう考えると、小学校受験も重要になってきます。教育を最優先という場合、この時期に受験が成功することによって、大学まで受験させなくてよいことになります。もちろん、すべてが当てはまるわけではありません。しかし、内部試験だけでよいこともあり、勉強にしっかり取り組めることになります。また、少子化といわれる世の中です。昔のように、受験戦争といわれるよな激戦にはなりにくく、環境としてはチャンスなのかもしれません。一貫教育ということで、一緒に入学した友達は、ずっと一緒に学ぶことになり、お互いライバルでありながら、親友としての関係ができあがることにもなります。

小学校受験は人生の節目

小学校から受験させることには賛否両論がありますが、早い時期にいい教育を受けさせることはその後の人生に影響があります。6歳という年齢は、本当に柔軟であり、良いものも悪いものも吸収します。この時期に本人に合った適切な教育を受けさせることができたら、将来も有望かもしれませんね。大抵の親はこどもへの投資を惜しみません。期待するだけの希望を与えてくれるのでしょう。こどもの成長は親にとって至福の喜びです。小学校受験に向けて、親子ともども努力を惜しまず邁進するのも一つの教育方針ですね。受験の結果が出るまではプレッシャーも大きいことでしょうがが、そのプレッシャーが逆にパワーとなるような前向きな努力が実を結ぶことでしょう。晴れて合格した時の喜びは計り知れませんね。努力は裏切らないと信じ、ぜひ希望の小学校受験を成就させてくださいね。

小学校受験の為に色んな塾へ

大学までエレベーター式の私立の小学校があり、学費は高いですが、名門という事もあり、自分の将来の子供には通わせたいなと思っていました。そしてその後結婚し、子供が生まれたのをきっかけに生後半年から英才教育を受けさせ、小学校受験に向けて、塾と家庭教師を雇い、毎日お勉強をしていました。子供は特に嫌がる事も無く、どちらかと言えば勉強が楽しいと言ってくれていました。そして子供だけではなく、小学校受験の日には親達も一緒に面接をしないといけない為、夫婦で面接の練習をして勉強していました。そしていざ受験の日になると、自分達は緊張していたのですが、肝心な子供はリラックスしていました。どうやら家庭教師の先生からリラックスして受けると上手くいくと言われていた様です。そのおかげで見事に名門の小学校に入学する事が出来、毎日楽しく学校で過ごしている様です。