小学校受験のイメージとその現実

自宅近くの公立小学校に通うのではなく、少し離れた私立や国立の小学校に通う、世にいう「お受験」というと、芸能人の子供が入学した等、話題になることもあり、敷居の高い世界のイメージがあります。小学校受験の実態を見てみましょう。小学校受験には筆記試験と面接試験は必ずありますが、親子一緒の面接か子供の面接とは別に親単独の面接があるなど、その試験の中身は学校により多少異なります。ですから、やはり小学校の受験に強い専門の塾に入らなければ、難関校突破は難しいでしょう。また、小学校の受験のために、受験に向けた教育を展開してくれる、私立の幼稚園に通う人もいます。私立の幼稚園もやはり、塾に通って受験に備えなくてはなりません。そして小学校の受験対策を行なう塾の学費が中高生向けの学習塾と比べても高く、一回の受講が万単位ですから、一般的なサラリーマン家庭ですと、その学費の負担が大きいという現実があります。また、面接の際には寄付金をどれだけ出すことが可能か聞く学校もあったり、親の職業や年収は勿論のこと、学歴など親についても問われます。こうした実態が、小学校の受験はハードルが高いというイメージに繋がるようです。しかし、私立の小学校に比べ、国立の小学校となりますと、学費はそこまで高くなく制服のない小学校もあるようです。ですが、当然人気は高く突破するのは大変です。私立に比べて数も少なく、エスカレーター制ではない為、私立の一度入ってさえしまえば後は楽だ、いうことがありません。

小学校受験のメリットとは

早くから自分の子供に、質の良い教育をさせてあげたいと親も多い事でしょう。国立や私立の小学校は、公立の小学校に比べて、授業料が高いですし、倍率も高いです。受験対策もしなければいけません。親も子供も入学するのには、色々な努力や労力が必要です。しかしそれまでしても入学させたいという、強い気持ちを持って受験されています。国立や私立の小学校は、教育理念が明確なところが多いですし、勉強に対しても熱心な先生が多いです。そして一度小学校に入学してしまえば、エスカレーター式にそのまま有名中、高、大学と進む事も可能になります。我が子の将来の事を考えれば、幼い頃に頑張って良い学校「入学させたいというのも分かります。小学校受験には、色々な問題が出題されます。その対策として、幼児教室に通わせている人も多いようです。傾向と対策をしっかりして、万全な状態で受験に挑んでいるようです。

可能性を試してみるという観点での小学校受験

人間、生きて入れば人生の中で様々な選択肢があり、それに伴い様々な試練があります。受験などもその一つであり、小学校、中学校と公立に通っていたとしても、高校受験、大学受験は進学を選ぶ限りは誰もが必ず通らなければならない道のひとつと言えましょう。誰もが必ず経験するのであれば、いっそ幼少期に手始めに小学校受験をさせてみるのも良いのではないでしょうか。何事も経験と言いますから、合否にこだわらず小さいうちから場の雰囲気や面接時の緊迫感など、体験させておくことは後々企業面接などを行う際にも、三つ子の魂として深くメンタルに浸透されて良い結果を導く可能性もあるかも知れません。もちろん冷やかし半分でお受験なんて出来ませんから、受験するとなると親も子も真剣勝負ですが、もし万が一落ちてしまっても、これから先の人生には、まだまだ可能性が溢れているから大丈夫です。