クラスTシャツを作る時のポイントがあります

クラスTシャツを作る機会として運動会や文化祭、球技大会などのその他行事ごと、または部活動などあります。クラスTシャツを作成する理由として、自分たちの想いが詰まったクラスTシャツを身につけることで他チームとの差別化が図れると同時にチームの一員としての自覚が芽生え、士気が高まり全体を一体化させ、それが団結力に繋がります。着用後は記念として思い出に残せるというメリットもあります。ですが、クラスTシャツの作成にあたっていくつか注意しなければならない点があることをご存知でしょうか。特に初めての場合は作成に関しての知識が少ないこともあり、見落としやすい注意点もあります。クラスTシャツがいい思い出となるよう、注意点に留意してクラスTシャツを作成されることをオススメいたします。

クラスTシャツ作成において陥りやすい注意点

クラスTシャツを作成するにあたって気をつけなければいけないことが著作権です。例えば漫画のキャラクター、タレントや歌手、そしてバンドの名前、CDや雑誌に使用されている写真及び文章、企業ブランドや飲食物や飲食店のロゴなど身近にあるものには、著作権があります。これらを無断で利用してしまうと著作権法違反となってしまいます。もし、それらのデザインを利用したい場合は予め著作権の管理者からの使用許可が必要となります。似せたデザインを用いることもありますが、こちらも本来のデザインを連想させるようなものに関しては権利保有者より許諾を得る必要がありますので注意が必要です。クラスTシャツを製造してくれる業者もこの使用許可の書類提出を求めるところもあります。初めてクラスTシャツを作成する時に犯しやすいミスなので注意するようにしましょう。

全員が思い出になるクラスTシャツとなるために

デザインについてはお分かりになったかと思いますが、その他に細かな点での注意があるのでご説明いたします。まずTシャツに個人の名前をプリントする場合、名前に間違いがないかよく確認しましょう。特に間違いやすい文字がローマ字です。スペルミスを起こしやすいので、こちらは何人かで二重三重でチェックするといいでしょう。その次に依頼する業者のサイズ展開を確認しましょう。クラスTシャツを作成する前に全員の希望サイズ調査をとり、全サイズの取り扱いがある業者を探すようにすると、のちのち困らないかと思います。クラスTシャツ作成は、色やデザイン、シャツの形など決めることが多く思うように進まないことがあると思います。思い出に残るクラスTシャツになるよう作成する時にぜひ参考にしてみてください。

オリジナルTシャツの製作の前にイメージ図を作成してくれます。 見積り、製版、プリントまで一貫して行っています。 どのシーンにも活躍できる定番商品「ヘビーウエイトTシャツ085-CVT」が大変人気です。 学割があるので、オリジナルのクラスTシャツやサークルTシャツの作成にオススメです。 女性向けのシルエットにこだわったTシャツもバリエーションが豊富です。 クラスTシャツで一致団結!注文はINFACTORYへ